利用に際しての注意点

学生ローンを含め、全てのローンという金融サービスの利用に際しては、決められた返済期限までに借入金額プラス所定の利息を添えて返金せねばなりません。これまでの家族や友人知人間の貸し借りとは違い、いかなる理由でも一切の譲歩は望めません。社会人で豊富なローンの利用経験を持つ人達の中にも、予期せぬ資金繰りのミスやトラブルから返済に窮してしまい、いわゆる延滞事故を生じさせた結果、皆さんもご存知の「ブラックリスト」と称される仲間に加わってしまう方が後を絶ちません。

この返済遅滞を軽くみてはなりません。学生レベルでの貸し借りであれば謝って許して貰える事象も、学生ローンでは一切の容赦は叶わぬばかりか、通常の金利より遥かに高い利率の遅延損害金の加算など、契約不履行に対するペナルティが課される展開も避けられません。

わずかな油断と自己管理のルーズさがこうした状況を生じさせれば、学生から社会人とて実社会にデビューする前の段階で、社会的信用が無い人物として、ローンが組めない、新たなクレジットカードが作れないなどのデメリットを負う事となり兼ねません。誰もが目や耳にされた記憶をお持ちの「使い過ぎに注意」を肝に銘じておかねばなりません。